水素水と老化

老化を促進する活性酸素は、カラダを酸化させます。
つまり、「酸化」=「老化」。
この恐ろしい酸化を防ぐのに大切なのが、酸化還元力でであり、 H4O -600mvは商品名が示すように-600mvの高い還元力を誇ります。それは水素を水に溶存させている本物の水素水で、水はアルカリ性にも傾いていない身体にやさしい中性です。H4Oの水素水はアンチエイジング協会からも注目の企業です。

 

では人はなぜ老化するのでしょうか。
人類は体内で食べ物(糖分)を呼吸により取り入れた酸素によって燃やす(酸化)代謝を行なうことによりエネルギー(酸化熱)を得て生きています。また同時に身体が酸化(老化)され老いてゆくのです。誰でも老化はしたくは無いものですが宿命なのです。我々は老化という代償を払うことによって生きていると言っていいでしょう。老化は誰にも止められませんがその人の努力次第では老化を早めることも遅くすることも可能であるといわれます。

 

早める要因としては以下のようなことが考えられます。我々は体内で食べ物を酸素によって燃やす代謝を行なうことによりエネルギーを得て生きています。その際に生成される少量の酸素毒(活性酸素)は免疫細胞の命令によって放出されてウィルス等の異物を撃退するなど身体にとっては必要な反面、食生活の乱れや、不摂生、ストレスなどさまざまな要因により自律神経のバランスの崩れるとによりの酸素毒(活性酸素)が過剰に生成されると身体の老化(酸化が)進みやすくなったり、さまざまな病気の原因となるといわれています。
逆に遅らせる要因としては以下のようなことが考えられます。一般に抗酸化物質(ビタミン群(特にC、E)、ポリフェノール、カテキン、リコピン)を多く含んだ野菜や果物は体内の活性酸素(プラスイオン)を消去して病気防止や老化防止つながるとされています。
またこの活性水素水に含まれる活性水素が電子を与えることにより、過剰に放出された活性酸素と結び付いて、 無害な水に変えることで、身体の老化防止につながるといいます。